レイクで個人再生(債務整理)や自己破産を行った人は100%審査に通らない?

 

「自分は個人再生の経験があるんだけど、レイクでお金を借りることが出来るのだろうか・・・」と不安に思っている方はいませんか。

 

個人再生や自己破産などの金融事故を起こした経験がある人は、基本的に審査に通ることができないと言われていますよね。
しかし、本当に個人再生や自己破産の経験がある方全員が絶対に審査に通らないのでしょうか。

 

そこで今回は、個人再生(債務整理)や自己破産を行ってしまった人は本当に100%審査に通ることはないのかどうかについて徹底的に解説していきます!

 

個人再生(債務整理)とは

まず本題に入る前に、個人再生(債務整理)とは何かについてご紹介していきます。個人再生とは簡単にいうと、裁判所を通じて債務を減額してもらう、債務整理手続きのひとつです。裁判所に申立書を提出して、裁判手続き等の資料を集めなければならないなどの手間はありますが、法律に則った形で借金を減額することが出来るので非常に効果的に借金を減らすことが出来る手続き方法になっています。

 

実際にどのくらい、借金を圧縮することが出来るようになるのかというと、借金の金額を5分の1まで圧縮して減額することが出来ます。例えば、借金が600万円ほどある人が任意整理をしようとすると、月10万円(5年分割)の支払いが必要になりますが、個人再生の場合、借金は5分の1に減額されるので、借金120万円となり、3年分割でも月々3万円を支払えば良いということになります。

 

個人再生には、2種類あって、「小規模再生」と「給与所得者等再生」の2つが存在します。基本的に個人再生の手続きは、「小規模再生」を行うのが一般的です。アルバイトでも自営業を営んでいる方でも、要件さえ満たすことができれば利用することが出来ますが、債権者の過半数が再生計画に反対しないことが重要なポイントです。

 

自己破産とは

次に自己破産についてです。自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可というものをもらうことで、養育費や税金などを除く、全ての借金をゼロにすることが出来るという手続きです。

 

自己破産が出来るケースというのは、債務者が、破産法2条11項にある「支払不能」という状態に陥った時のみ適応されます。「支払不能」というと非常に分かりにくいかもしれませんが、簡単に言うと、現在持っている資産や、今後得られる収入などから判断して、債務の全てを完済することが不可能だろうと判断される状態のことです。

 

実際にどのくらいの債務があったら自己破産が認められるのかについてですが、これに関しては、明確にいくらから自己破産することが出来ると規定があるわけではなく、それほど債務自体が多くないと言う場合であっても、資産がなく、今後も収入が生活するのが難しいくらいの収入しか得られない場合、自己破産が認められる場合があります。

 

支払い不能かどうかは、裁判官が、債務者の負債や収入、遺産の状況からみて総合的に判断します。しかし、支払い不能の状態であったとしても、借り入れの原因のほとんどがギャンブルや浪費の場合など、「免責不許可事由」があると免責の許可が降りない場合があるので気をつけましょう。

 

また自己破産の手続きは「同時廃止」と「管財事件」の2種類が存在します。
裁判所に破産申立てを行った際に、申立人に、債権者に配当するべき財産がある場合には管財事件となります。これとは逆に、配当するべき財産がない場合、特に価値のある財産を持っていないような場合には、同時廃止事件となります。

 

管財事件となると、破産管財人が選任され、手続きは非常に時間がかかるものとなり、また、裁判所に納める予納金も多額になります。しかし、個人が破産する場合には、配当すべき財産を有していない場合が非常に多いので、自己破産の多くは同時廃止事件として処理されます。

 

個人再生(債務整理)や自己破産を行った人は審査に通らない!?

では、本題の個人再生や自己破産を行ってしまった人は、絶対に審査に通ることは無いのかについてです。結論から言うと、個人再生を行なった人や自己破産を行ってしまった人は、そういった金融事故発生時から5?10年ほど経過しないと、審査を通ることは出来ません。

 

債務整理を行なった場合、基本的に個人の信用情報にその記録が残ります。こういった記録は、個人信用情報機関で保管されていて、1度記録されると、5?10年ほど記録は消されずに残り続けます。レイクをはじめとする消費者金融では、借り入れ者が借り入れの申し込みのあと、審査を行い、この時に本人情報をもとに、個人信用情報機関と連絡を取り、借り入れ者の個人信用情報をくまなく調べます。その際に、債務整理の記録が残っていると、「返済能力が低い人」であると判断されてしまうので、非常に審査に通るのが難しくなってしまいます。

 

ただし、債務整理をした人でも、債務整理から5?10年ほど経過していれば、既に記録が消えているので、審査の際調べられることもないので、審査に通りやすくなります。そのため、債務整理や自己破産を行った経験のある人が100%審査に落ちるとは言い切れませんが、基本的に落ちる人の方が多いと言えるでしょう。

 

個人再生(債務整理)や自己破産した人でもレイクの審査を通すコツはある?

個人再生や自己破産した人がレイクの審査を通すコツは特に存在しません。ただ、コツのようなものがあるとすれば、前述したように個人再生や自己破産をしてから、5?10年ほど経過してからであれば、審査に通ることは可能です。

 

しかし、「5〜10年」と言われても、具体的に何年経てば個人信用情報機関から債務整理が消されるのでしょうか。その答えは、「機関によって異なる」が正解です。以下に、機関ごとに債務整理の記録が保管される期間をまとめてみました!

 

機関名 自己破産 個人再生 任意整理 特定調停
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 載らない 載らない 載らない
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年 10年 載らない 5年

 

以上が機関ごとの個人信用情報が保管される期間です。株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合は、どんな場合も一律で5年、全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、自己破産、個人再生や10年、特定調停が5年となっています。株式会社シー・アイ・シー(CIC)に関しては、自己破産が5年記録されるだけで、その他の金融事故は記録されません。

 

上記を見ていただけると分かるかもしれませんが、機関ごとに記載される年数は全く異なるので、一概に「5年?10年」とは言い切れないのですが、最高でも10年空ければ、審査通過の可能性があります。

 

レイクでは、審査の際に、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)の全ての情報を参照するので、任意整理と特定調停をしたことのある人は5年、自己破産と個人再生をしたことのある人は10年空いていれば、審査通過の可能性があるので、覚えておくといいかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、レイクで個人再生(債務整理)や自己破産を行った人は、100%審査に通ることは出来ないのかについて解説してきました。債務整理や自己破産を行っても確かに審査に通ることは出来ますが、一番いいのは、そういった金融事故を起こさないことです。レイクでの借り入れの際に困らないように、なるべくこういった金融事故は起こさないように心がけましょう。

 

よく読まれている記事はこちらレイクの申込書に嘘の申請!年収や借入れ情報は信用情報でバレる!?